0

Colin

キュベットで答えのないものを解決する力を育もう

共同で創造する「共創(きょうそう)」をコンセプトに、アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を超えたプロジェクトを発表し続けているチームラボ。「学ぶ!未来の遊園地」や「お絵かき水族館」といった、わくわくする子ども向けのアートアトラクションを展開しているチームラボキッズの松本代表に、キュベットを試していただきました。 松本さんはご自身のお子さんたちに、まず何も説明せずにキュベットを渡してみたそうです。お子さんたちは色々試しながら、キュベットとボード、ブロックの関係や、ブロックの役割を次々と発見して、キュベットを動かし始め、とてもとても熱中して楽しんだとのこと。その様子を動画でも語ってくださいました。 Read more

キュベットで答えのないものを解決する力を育もう

Colin

キュベットとの探究型学習

ノースウェスタン大学の人材開発センターでは、夏に行われている「Leapfrog Programme」で子ども向けのコンピューターサイエンスやロボティックスの授業(対象年齢:4歳以上)を行っています。一昨年と昨年の夏に行ったプログラムでは、プリモトイズのキュベットでストーリーを作成し、問題を解決しながら、何百人もの子どもたちがプログラミング学習を楽しんでいました。キュベットなどの直接手で触れて学べるテクノロジーツールの使い方を教育者に指南するときは、根気強く子どもを観察し、上手に質問してあげることをお勧めしています。 Read more

キュベットとの探究型学習

Colin

キュベットで何を学ぶか

キュベットはイノベーションの最先端にありながら、伝統的な幼児教育における成功事例に基づいた製品です。キュベットは体験、運動感覚と対話型の遊びから子どもに学ばせます。子ども達は、カラフルなコマンドブロックを利用してキュベットをプログラミングすることで、コンピューターサイエンスのフレームワークで述べられているパターン、問題解決とシーケンシングといった幼児教育における「パワフルなアイディア」(様々な能力の基礎となる概念)を学ぶことができます。 Read more

キュベットで何を学ぶか

Colin

幼児教室のテクノロジーの変化

10年前、コンピューターのある幼児教室は殆どありませんでした。幼い子どもにはキーボードやマウスの操作が難しいので、年齢に合ったゲームやレッスンがあまりなかったのですが、5年ほど前から、iPadやタッチスクリーンが広く利用されるようになり、教室でのIT機器が活用され始めました。ここ2年間で、タブレットに加えて、ロボットなどの子ども向けのプログラム機器の開発が進みました。 Read more

幼児教室のテクノロジーの変化
Loading more posts...