ブログに戻る

Kaoru Hashizume

【ケーススタディ】小学2年生 グループワークで協力しながら課題を解決

世田谷区立 東玉川小学校

対象年齢:小学校2年生
人数:26名
指導・報告:田口彩香教諭
教科:学級活動(45分×2)
実施日:2018年3月19日

今回は、2~3人で1グループとなり、計10台のキュベットプレイセットを使用しました。授業の目的としては、下記の2つが設定されました。
① ロボットの機能を生かして友達と協力し、操作する、遊ぶ楽しさを味わい、交流を通して、友達と一緒に活動する良さや自分の良さを感じることができる。
② ロボットの「繰り返し」処理について知り、機能を活用して課題を解決し、ロボットを操作する楽しさを感じることができる。

コーディングブロックの働きも自分たちで発見
マップの上でキュベットがうごく様子を見せて、操作方法等キュベットについて知ります。そのあと、2~3人のグループに分かれ、子どもたちはブロックの意味を自ら調べていきます。実際に手で動かし考えながら、ブロックとキュベットの関係を探ります。

子どもたちが目標を設定し、ゴールする方法を探る
青ブロックも含め使い方の答え合わせをした後は、キュベットを自ら操作して課題をクリアしていきます。お題を3つほど解いた後、子どもたちはグループ内で目標設定をし、自由に楽しくキュベットを動かしました。

成功のポイント

  • 導入では、ロボットやマップを見せ、必要最低限の説明にとどめ、子ども達の関心が高いまま活動に入り、ブロックの意味を考えさせた。
  • レベル1~レベル6のように活動を冊子にまとめたワークシートを配り、自分達の進度で課題をクリアしていけるようにした。
  • 繰り返しブロックの使い方が分からないグループがないように個別に声をかけて机間巡視をした。

子どもたちのリアクション

  • リモコン(ボード)があっておもしろかったです。
  • ブロック次第でキュベットがどっちに進むかわからなくて当てるのがおもしろかったです。
  • グループのみんなで何色のブロックかを考えて、上手くキュベットが動いた時はとってもうれしかったです。
  • ゴールまで行けてうれしかったです。失敗した時は、何でだろうと思いました。
  • キュベットくんは、顔が付いていたのでとても楽しかったです。
  • グループで考えたので、色々な考えが出てきました。
  • 青いブロックは繰り返しができて楽しかったです。

指導者からのコメント
子どもたちは、以前に矢印ブロックを使って操作をするロボットのプログラミングを経験しており、ロボットへの関心が非常に高かったため、意欲的に活動していました。事前の説明が少なくても、自ら考え、友達と相談をして答えを見つけようとする姿が多く見られました。また、顔があることで前後がわかりやすく、迷うことなく扱えていました。

おすすめの記事

お客様からの声

お子さんをご家族が見守りながら、楽しく遊びを通して学んでいただいています。


Null