ブログに戻る

Yuri Osakabe

【ケーススタディ】中学生:NPO法人キッズドアにキュベットを寄贈

NPO法人キッズドアの活動に賛同し、 中学生向けのワークショップを実施

日時:2019年1月26日(土)15:00~17:00
場所:東京都足立区の学習支援部屋
対象:中学生

プリモトイズは、日本国内の子どもの貧困支援に特化し活動している NPO法人キッズドアの活動に賛同し、東京都足立区の学習支援部屋にキュベットを提供しました。
NPO法人キッズドアでは、家庭での学習が困難な主に中学生を対象に、家庭に代わる学習の場所と安心して過ごせる居場所を提供しています。

今回は教室に通う中学生とボランティアの先生たちとともにワークショップを行いました。
中学生が対象なので、まずはキュベットの構造や、ロボットが動く仕組みの理解から。木製で可愛いキュベットですが、中身はもちろん本格的なロボット。キュベットの頭についている青いネジをコインで回して開けると、その中に基盤が入っています。キュベットはArduino(アルデュイーノ)というシステムでプログラムされていて、基盤の口にコードを差し込みPCに繋げると、コードを書き換えて例えば回転角度を調整することもできます(参考動画)。

プログラミングの専門用語も交えながら、キュベットの操作方法を模索していきます。ブロックとキュベットの動きの関係性が分かったら、呑み込み早い子どもたち!早速キュベットを思い通りにプログラミングしていきます。ファンクションブロックも積極的に活用しながら、より複雑なコーディングを目指します。

「英語のマークのところを全部通ってみよう」「海は通っちゃいけないことにしよう」と、子どもと先生たちで話し合って道のりを決めながら、皆で協力して試行錯誤しながらプログラミング学習を楽しんでいました。

プリモトイズは、すべての子どもたちの創造性豊かな遊びと学びを応援しています。キュベットで遊びながら、新しい時代を生きる力を育んでもらえることを願っています。

おすすめの記事

お客様からの声

お子さんをご家族が見守りながら、楽しく遊びを通して学んでいただいています。


Null