ブログに戻る

Yuri Osakabe

【ケーススタディ】「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」 親子でクリスマスワークショップ

「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」 全国4か所で親子向けクリスマスワークショップを実施

日時:2018年12月1日~25日の平日 一日3回
場所:チームラボ 学ぶ!未来の遊園地国内常設4店舗(ららぽーと湘南平塚店富士見店キャナルシティ博多店イオンモール宮崎店
対象:3歳以上とその保護者 

キュベットとクリスマスプレゼントを届けよう
2018年12月1日~25日に、「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」の国内常設4店舗で開催されているマンスリーワークショップのプログラムとして、「キュベットとクリスマスプレゼントを届けよう」を平日に実施しました。前回に続き2回目のワークショップとなりましたが、全体で1000名以上の親子が参加し、大変盛り上がりました。

今回は、キュベットがサンタさんに変身!サンタ帽やそりを身につけて、キュベットと一緒にプレゼントを届けることを目指します。

まずは、キュベットがゴールする場所に置くためのクリスマスカード作り。お母さんやお父さんと協力して、折り紙やのりを使ってオリジナルカードを作りました。

次は、いよいよキュベットを操作していきます。描いたサンタが動き出す「お絵かきクリスマス」が展示され、クリスマス感溢れる雰囲気の中で、まずは紙芝居を用い、プログラミングやキュベットのことについてお話を聞きます。

プログラミングをしてキュベットにプレゼントを運んでもらおう
親子で一緒に作ったクリスマスカードを、キュベットのソリに乗せ、お母さんやお父さんが置いた目印のツリーまで届けます!
マップは、クリスマスの時期限定のウィンターホリデーセットについている紙製のクリスマスマップを使用。雪だるまやプレゼントなど、ワクワクするアイコンがたくさん描かれています。
今回は3歳から小学生まで幅広い年齢のお子さんが参加しましたが、それぞれの理解度に合わせながらレベルアップを図りました。

キュベットが左を向くために、右を向く指示を3回実行するなど、お子さんによってもプログラムの作り方に個性が出ていたところも非常に興味深かったです。
それからだんだんと距離を遠くしていったり、寄り道をしてみたり、ファンクションブロックをたくさん使ってみたり。親子で試行錯誤しながら、サンタキュベットのプログラミングを体験しました。

終了後のアンケートからは、
「めずらしくとても集中していました!とても楽しく学べたので、また参加したいです。」
「子どもがはまってしまい、ワークショップに3回も参加しました。たくさんプログラミングができてよかったです。」
「初めてプログラミングを体験しました。ブロックで指示を出すのが分かりやすく、親子で一緒に楽しめました。」
お子さんが能動的に集中して取り組めた様子や、親子で楽しくプログラミングを体験できた様子が伺えました。

おすすめの記事

お客様からの声

お子さんをご家族が見守りながら、楽しく遊びを通して学んでいただいています。


Null